料理の技術が身につく~中学卒業後からの専門学校~

微笑む

しっかり学ぼう

ノートに書く

製菓専門学校ではお菓子作りの技術だけではなく、お菓子作りを仕事にする上での重要な知識を学ぶこともできます。食品を扱うものなので、国家資格が必要になることもあります。しっかり学習して資格取得に励みましょう。

もっと見る

表現の幅を広げよう

調理

料理の専門学校は、高校卒業後に進路の一つとして考えられることがあります。小さい頃からパティシエや料理人になる夢を持っていても、まずは一般的な高校を卒業してからという人が多いです。実はあまり認知されていませんが、中学校卒業後の生徒を受け入れてくれる専門学校もあります。十代の間に料理の腕を磨いて、早い内から料理の業界で活躍する可能性もあります。その場合、専門学校で学びながら高校卒業と同等の資格を取れるので、学業と平行して学習を進められます。また、専門学校卒業後も、すぐに就職しないでまだ学びたいという生徒のために進学サポートも充実していることがあるので、様々な学習の機会を得ることができます。

料理の専門学校といえば、美味しい料理を作るための技術を身につけるというイメージがありますが、それ以外でも、見た目や演出力にこだわった料理の表現方法を学べるので、料理の幅がより広がるでしょう。また、膨大な実習量を売りにしている専門学校もあり、製品を一からすべて一人で制作する経験もできる場合があります。講師も現役のプロの料理人が担当してくれる専門学校もあるので、即戦力を身につけることもできるでしょう。

一人ひとりのレベルに合わせた教育プログラムを組んでいる専門学校もあり、料理初心者の方でも、短期間で上達できるように支援しています。多くの料理専門学校では、在学中に実際の現場で経験を積むことができるインターンシップ制度を取り入れていることが多いですが、中にはアルバイトとして収入を得ながらインターンシップを行える専門学校もあるので、専門学校に入学する前に、確認してみましょう。

夢の実現のために

女の人

人気の職業の一つである料理人になるためには、専門学校に通うと様々な知識を得られるのでより有利になるでしょう。また、趣味の向上の為や副業目的の方でも気軽に通えるコースが用意されていることもあります。

もっと見る

社会人でも通える

文房具

カフェの開業を夢に持っている人はたくさんいます。そのため、専門のスクールというのも需要が増えていて、社会人でも無理せず通える制度が敷かれていることが多いので諦める前にまずは資料請求をしましょう。

もっと見る