料理の技術が身につく~中学卒業後からの専門学校~

考える人

しっかり学ぼう

ノートに書く

手に職をつけるために資格取得をしたい人に人気の分野が、パティシエなどの製菓の仕事です。日本では洋菓子の人気が高く、需要が増えていて、製菓の専門学校もたくさん設立されています。製菓にも様々な種類があって、通常の洋菓子から、カフェで出されるようなオシャレなスイーツ制作などがあります。洋菓子のみならず和菓子制作を学べるコースもあります。多くの製菓の専門学校では、これらの製菓の全ジャンルについての基本技術を実習や座学を通して身に付けられます。

製菓の専門学校ではほとんど実習のイメージが強く、座学で何を学ぶのかよく分からない人も多いはずですが、製菓をするにあたって、衛生法や栄養学などを学ぶ必要があるので、それらの知識も吸収しなければなりません。また、製菓専門の仕事に就くには、国家資格が必要になるので、専門学校で様々な技術や知識をしっかり学ぶことが大切です。

製菓作業をする際、味だけではなく、見た目にもこだわる必要があるので見た目にも鮮やかな商品を作成することができます。自分の個性を表現できる場でもあるので、自然とやる気も湧いてくるでしょう。また学習を重ねる上で身に付いた技術を発表する機会も多くあります。学校の中で製菓販売を行なったり、自分達でカフェをオープンして一般のお客様を招いたりと実際の職場に出たときのシミュレーションをすることができます。将来自分のお店を持ちたいという人は良いイメージトレーニングになるでしょう。より良い技術を学ぶためにオープンスクールに参加するなどして、適切な学校を選びましょう。